Googlemapの便利な使い方

subpage01

Googlemapの便利な機能には、特定の店舗や施設などの混雑状況を調べられる機能があり、この機能を使えば最近の混雑具合をもとに時間ごとの混雑状況を調べられます。
パソコンでGooglemapを開き、検索ボックスに混雑状況を調べたい店舗や施設の名前を入力すると、画面左側のメニューに混雑する時間が表示されます。

有望なGooglemapに関する特集が満載です。

混雑する時間帯は1時間ごとのグラフ形式で表示され、最近の混雑具合について知ることができます。


表示されるグラフは基本的に最近の混雑する時間帯を集計したものですが、曜日のタブをクリックすると月曜日から日曜日まで選択でき、曜日ごとのデータをグラフで確認することが可能です。


また最近のアップデートにより直近のデータを見るだけでなく、リアルタイムの混雑状況も見られるようになりました。リアルタイムの混み具合はライブの項目から確認でき、リアルタイムの集計によるものなので常に表示が変化します。

パソコン以外のスマートフォンやタブレットなどの端末でもGooglemapのアプリを開く、同じように検索ボックスから検索を行うことで混み具合を調べられます。
この機能ではこれまでの直近のデータをグラフで表示させて、混みやすい時間帯や曜日を調べることができます。



その他にもリアルタイムでの混雑状況の検索にも対応しているので、外出の際などにスマートフォンなどからお店や施設の待ち時間や混み具合をすぐに確認できるのでとても便利です。